トップページ > BBクリームとCCクリームに違いはあるんでしょうか

BBクリームとCCクリームに違いはあるんでしょうか

一躍ブームとなったBBクリーム、その後にはCCクリームというものまで発売されました。一見、どちらも同じもののように思えてしまうのですが、共通通点もありながら、まったく違う部分もあるのです。このBBクリームは、元々はピーリング等、皮膚の施術をした後に敏感になっている肌を外気や紫外線などから保護するために作られた医療目的のためのクリームだったのです。

 

BBの意味は何かというと「Blemish Balm」を略したものになります。傷や欠点を補う香油という意味があるようです。毎日のメイクにも使うことが可能なので、今ではたくさんの化粧品メーカーより発売されるようになりました。美容クリームや化粧下地、コンシーラー、日焼け止め、ファンデーションの5つの機能が一本にまとまったとても便利なクリームなのです。医療目的で作られているため肌を保湿や美容効果の作用も高く、それにプラスしてファンデーションとしての機能もあるので、毎日忙しく過ごしている現代の女性にはピッタリマッチした短時間メイクができるクリームとして人気が高いです。

 

BBクリームの良い点は、カバー力がとてもあるということです。気になるニキビ跡や顔の赤みに直接塗ることによって隠せます。また、お肌もマットな感じに仕上げることができます。悪い点として挙げられるのが、割とべたつきやすいということです。クリーム自体の伸びがよくないので、塗った時にむらができやすいのです。CCクリームの方はほぼコントロールカラーに近いイメージです。配合されている成分もメーカーにより多少異なります。ナチュラルに仕上げることができて素肌感も残ります。ただ、BBクリームほどのカバー力はありません。

 サイトマップ
Copyright(c) 2017 すぐに病院へ行けないとき!副鼻腔炎に効果的な薬はこれ! All Rights Reserved.